オーバーホールの頻度は?

ロレックスのオーバーホールはどれぐらいの頻度ですれば良い?

オーバーホールの頻度は? どんなに状態の良いと感じるロレックスであっても、中の機械の部分の油は汚れているものです。
いくら故障や時間の狂いがないからと安心していてもオーバーホールを怠るとパーツが磨耗し、腕時計自体の寿命が縮まってしまいます。
そうなるとパーツ交換ということになりオーバーホールの倍以上のお金がかかることになります。
オーバーホールとは定期的にロレックスを分解し、点検や修理、掃除を行うことです。
車の車検と似たようなものですが、義務があるわけではないので点検の頻度に関しては自分で気にしているようにしましょう。
オーバーホールを行う頻度は3年から4年に1度は行うようにしてください。
この作業で一番大切なのは古くなった油を新しいものに交換するという作業です。
機械が複雑になるほど作業も複雑になるので、時間も長くかかってしまいます。
物によってはスイスへ送って作業する必要があることもあります。
それだけ大変な作業なのでどうしても価格の面では高くなってしまいます。
期間としては開始から終了まで一月位かかると思っていれば間違いありません。
高級なロレックスを長く使いたいと思ったら、使用頻度に関係なくオイルやゴム製パッキン等は劣化することがありますので、定期的な点検は必要です。

ロレックスのオーバーホールは頻度が重要

オーバーホールは頻度が重要 ロレックスというと高級腕時計メーカーとして有名ですが、そんな時計にも定期的なメンテナンスすなわち、オーバーホールが必要であるということをご存知でしょうか。
腕時計は数百個ものパーツが集まってできています。
それらのパーツは問題なく動作するように注油されており、摩耗しにくいようになっています。
しかし、どんなに高い時計でも時がたつにつれてパーツは摩耗し、油は汚れたり、揮発してしまったりします。
また、部品が正常に作動しなくなると肝心の時間がずれることも考えられます。
そのため、腕時計の定期的なオーバーホールが重要になってきます。
オーバーホールの頻度はもちろん使用環境にもよりますが、およそ3年から4年に一度は行うべきでしょう。
費用は高くても10万円までで、期間も1か月ほどですが、オーバーホールを定期的に行わない場合、劣化したパーツの修理や交換が必要になるとその費用は何倍にもなることもあるのでやはり定期的に点検してもらうのが重要でしょう。
せっかく手に入れたロレックスの高級腕時計ですから、末永く利用したいという人は多いと思います。
故障してしまってからでは思わぬ出費がかさんでしまいます。
今一度、点検してもらってはいかがでしょうか。

おすすめ腕時計修理の関連リンク

高級腕時計を販売・修理して20年、さまざまな状況に対応できる知識がある専門店です。

ロレックス オーバーホール